2018年12月10日

1月の休診日のお知らせ/日常ケアC

こんにちは。

看護師の田村です。


12月入ってから気温差がかなりありましたね

皆さん体調を崩してないですか❓

風邪には気を付けてください


まず1月の休診日のご案内です。

1日(火・元旦)、2日(水)、3日(木)、6日(日)13日(日)
14日(月・祝)20日(日)、24日(木)、27日(日)


1月4日から通常診療を行います。


さて、今回のテーマは日常ケア第4弾「耳掃除」です。


耳掃除の仕方をご紹介しようと思います。
P1020369.JPG



まず耳掃除で必要な物は、お化粧などで使うコットンや綿花などです。
柔らかい素材なので耳にも優しいです



綿棒も使う方もいらっしゃいますが、汚れを取っているつもりでも汚れを中へ押し込んでしまったり、奥に入れすぎて耳を傷つけてしまっている場合もあるのでおススメはしません

洗浄液がある方はコットンに洗浄液を浸して指の届く範囲でグルっと拭いてあげましょう


当院で使っている洗浄液はベッツケア イヤークリーナーです。
低刺激でシトラスの爽やかな香りがします
日頃のお手入れにいいですよ。
P1030392.JPG



耳垢が多い子や細菌感染をおこして外耳炎になってしまった子には
耳の中の洗浄をしてもらっています。
指で拭くだけでは奥の汚れは取れません



〜耳の洗浄の仕方〜

@耳を持ち上げ耳の中に洗浄液をこぼれない程度に入れます。
犬 耳.jpg


A耳の根元を親指と人差し指でクチュクチュと揉んであげます。
 揉んでたら中から汚れが浮いて出てきます。
犬 耳 2.jpg



Bコットンで浮いてきた汚れや洗浄液を拭き取ります。
 この工程を汚れが取れなくなるまで行います。
 (だいたい3~4回位、汚れがひどい子はもっと洗浄液をします)



C最後にプルプルと首を振らせて残っている洗浄液や汚れを出してコットンで乾拭きして下さい。



慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが
耳の奥の汚れを取らないと外耳炎になってしまう事もあるので、
おやつや家族の協力のもと一度挑戦してみてはどうでしょうか?
当院でも耳洗浄の仕方をご指導いたします


中には耳を触るだけで嫌がる子もいますので
無理して耳掃除をしてしまうとトラウマになる子もいます
そういう子は無理をせず動物病院で耳掃除をしてもらいましょう


当院では耳掃除だけでも行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

耳掃除(税込み540〜)
posted by きらりん at 13:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

★診療時間変更のお知らせです★

12月10日(月)の午後の診療時間は16時までとさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承くださいますようお願いします。
posted by きらりん at 00:26| 病院案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

★12月キャンペーンのお知らせ☆

こんにちは
看護師の原です


この間は一気に雪景色でしたね
車に乗るのが嫌な季節になってきましたね





今日は気温も上がるみたいで、すっかり雪も溶けました
夜は路面凍結もあるので注意が必要ですね




車で来院される皆様くれぐれもお気をつけていらしてください






先日から喉が痛くて少し声が出しづらいです
皆さんも風邪など気をつけてください


風邪を引いてしまった患者様もいるようで


風邪が流行っているとおっしゃっていました。






あれから、成長した「イチゴ」ご覧下さい

IMG_5655[1].JPG

3回収穫しました
味はイチゴでしたが。。。
食感が不思議でした







この前BLOGに載せた来月のキャンペーンのお知らせです



季節の変わり目は体調を崩す時期でもあります
当院でも、お腹の調子を崩す子が増えています




今年のうちに健康状態を把握してスッキリして来年を迎えませんか?





寒い時期はお腹の調子もそうですが



おしっこのトラブルも増える時期です



おしっこが出づらくなったり
回数が増えたりと様々です



おしっこのトラブルが増えると


おしっこを作っている腎臓にも影響が出ることもあります。


特にねこちゃんは腎臓の病気を患うことが多いです




そこで今回は

血液健康診断+腎臓オプションをお得にできるキャンペーンを行います


これだけ書かれてもという方も多いと思いますので
簡単ですがご説明します




血液健康診断
  体の蛋白、肝機能、腎機能、膵機能、代謝機能、血液成分をみる内臓系全体の検査です。
  血液をとり検査を行います。





腎臓オプション
  まず病院で腎臓病とわかった時には、既に70%の腎臓は機能していません。
  なので前回先生がBLOGで書いてくれたように、症状が出てからだと
  早期治療にはつながらないという事です
  ですので隠れている病気を見つけるために必要な検査をオプションで受けてみませんか?



そのオプションがこちらです


UPC(尿タンパククレアチニン比)
  尿で検査を行います。
  腎臓病にかかっている子は尿中に蛋白という成分が出ることがあります。
  これを「蛋白尿」といいます。
  蛋白尿がでているかどうかで腎臓病の予後が悪化するかどうかがわかります。



犬シスタチンC
  血液で検査を行います。検査はわんちゃんが対象です。
  尿に異常が出るよりも早く腎臓病を見つけることができます。



SDMA(猫)
  血液で検査を行います。検査はねこちゃんが対象です。
  犬シスタチンCと同様に腎臓病をより早く見つけることができます。







最近特にねこちゃんの飼い主様で腎臓病が心配というお話をされる方もいます
少しでも心配されている方は検査を受けてみませんか?



今年も残り約1か月です
お家の子が今健康なのか今年最後にチェックして来年を迎えましょう



posted by きらりん at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする