2018年08月31日

9月はシニア健診☆〜食欲の秋〜増える体重にはご注意を★

もう8月も終わり。。。

天気が安定せず、今年の夏はあっという間に終わってしまいましたね。

でも今年の甲子園は盛り上がりましたね☆
高校野球ファンとして、暑い夏を感じさせていただきました(^^)
地元代表の横浜高校は金足農に負けてしまいましたが
金足農の活躍には感動しました☆


さて・・・季節は秋に移ります。食欲の秋です。

「食欲の秋」の由来としては
 ・色々な食べ物が収穫を迎える季節
 ・夏バテした体の体調を戻すために食欲が増す
 ・冬眠に備えて脂肪を蓄積する本能により、栄養を多く取り込もうとする
などがあるようです。


そうなると心配なのが・・・体重ですね★

最近、体重が増えてきたかも??
ダイエットしているんだけど、なかなか痩せられない

というワンちゃんにおすすめのキャンペーンを9月に行います。


今回は8歳以上のシニア犬限定なのですが

血液健康診断+シニアセットが7700円 → 7000円になります☆
※1日ドックでも可能です。金額はご相談ください。

内臓の状態の評価に加えて

甲状腺の状態、腎疾患の早期発見
糖尿病リスクの評価、炎症性疾患の評価

ができる検査になりますので、潜在的な病気が増えてくるシニア犬にはおすすめの検査です。

また、今回の検査で肥満関連の項目に異常値が出てしまった子は
肥満対策に効果的なフード「メタボリックス(ヒルズ)」1kgを試してみることができます。



参考に、今年上半期に当院で行いました血液健康診断の集計を少しご紹介します。

◎異常値を示したワンちゃんネコちゃんは全体の62%でした。
 年齢的にみると、7歳未満では44%7歳以上では70%でした。

◎異常値が認められた項目は、肝機能、腎機能、膵機能、脂質代謝が多いようでした。

◎異常値を示した子は
 7歳未満では、26%で肝機能
 7歳以上では、46%で脂質代謝43%で肝機能17%で膵機能15%で腎機能



シニア期に入ると、若齢期にはみられる肝臓の異常だけでなく
腎臓、膵臓、脂質代謝などの疾患も増えてくるようです。

なかなか表面には現れてこない疾患ですから、
ぜひ健康診断を活用して、健康維持に役立てていただければ幸いです。
posted by きらりん at 12:42| キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

健康診断。。。

こんにちは!看護師の原です(*^^*)






久しぶりにBLOGアップする気がします



7/27からペットボトルで育てるいちご育ててます(^_^)b



まだ発芽して間もないですが


本当にいちごはできるのでしょうか。。。




現在はこんな感じです

IMG_5215.JPG












もう8月も中盤が過ぎました





年々時間が過ぎるのが早くなっているように感じます





わんちゃん・ねこちゃんは人間の4〜5倍年を取るのが速いです。



そう考えると、僕たち以上に一日一日が早いと感じているかも。。。







8月は多くの方に健康診断を受けて頂いています




より多くの皆さんに受けて頂いて、大切な家族のわんちゃん・ねこちゃんと




「ずっと一緒にいられる」




手助けができればと思います





1歳を迎えたら少し考えてみてください



先程も書きましたが



わんちゃん・ねこちゃんは年を取るのが速いので健康診断で



病気の早期発見・早期治療につなげてあげましょう



健康診断1.pdf
参考にしてみてください




9月も健康チェックがお得にできるキャンペーンも考えていますので





BLOG、Facebookチェックしてくださいね









それではまた

posted by きらりん at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

9月の休診日のお知らせ/日常ケア@〜肛門腺

こんにちは。看護師の田村です。


最近はずっといい天気が続いて、暑いですね

熱中症には気をつけて下さい。


まず、9月の休診日のお知らせです。

2日(日)、9日(日)、16日(日)、17日(月・祝)
23日(日)、24日(月・祝)、30日(日)




今回のブログのテーマは「日常ケア」です。


第1回は肛門腺についてです。


肛門腺って何だろう?

肛門腺は肛門の左右に1つずつある分泌腺です。
お尻の穴を時計の中心に例えると、ちょうど4時と8時の位置にあります。

この分泌物は、非常に臭いが強く、ドロッとした粘土状ものからサラサラした液状のもの、
色もさまざまで、黄色っぽいものから茶色や灰色、黒などワンちゃん・ネコちゃんによって違いがあります。

肛門腺の役割は強烈な臭いのする分泌液を出してマーキングをしたり、
スカンク同様敵から身を守ることです。
人間にはない器官です。


肛門腺が溜まるとどうなるのかな?


本来なら排便とともに肛門腺が圧迫され分泌物も排出されるのですが、
なかには排出できなくて溜まってしまう子もいます。
分泌物が溜まりすぎてしまうと、細菌感染を引き起こしやすく、
炎症や化膿、そして破裂をしてしまうこともあります


肛門腺しぼりの合図


床にお尻をこすりつけてたり、お尻が臭ってきたりすると肛門腺が溜まってきた合図です。
お尻を気にし始めたら肛門腺をしぼってあげてください。

1ヵ月に1回は絞ってあげるといいと思います。

自分ではうまくできませんという方は動物病院かトリミングに行ったときにしてもらうといいですよ

当院でも肛門腺しぼりのみでもやっていますので、お気軽にどうぞ


料金は税込み540円です。
posted by きらりん at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする